第一・二種電気工事士の勉强方法「初心者でも過去問題の丸暗記で十分合格可能!」その理由を徹底解説

電気工事士勉強法

どうもタマポポブログのタマポポです。

今回はこれから第一種・第二種電気工事士 を勉强される方に、筆者タマポポが実際行った勉强方法を記事にしました。

「皆さん、試験勉強をする際、教科書を最初から最後まで勉強していませんか?

実はその勉強方法だと、かなり勉強時間が取られる上、合格するには遠回りな勉強法なのです。

タマポポ
タマポポ

実はこの「情報

結構知らない人が多いんです。

筆者も先輩から教えてもらいましたが^^;

この記事では「筆記試験の最大のコツ」やお勧めの教科書などを皆さんにお伝えさせて頂きます。
この勉強方法であれば、短い期間で効率よく、かなりの確率で合格できるとタマポポは実感しました。

ですので是非この勉強法をだまされたと思って実践してみて下さい。

絶対といっていいほど勉強時間が短縮でき、効率よく勉強できます。

実際、この勉強方法を5人の人に教えましたが、みんな1発で合格できました。

「勉強がとてもしやすかった」とみんな同じことを言っていました。

それくらい価値のある勉強方法ですので絶対実践して合格を勝ち取って下さいね!(^^)!

スポンサーリンク
タップできる目次

はじめに:勉強前の筆者の数学力は分数の足し算・引き算ができる程度

はじめに筆者タマポポの保持資格は

・第一種電気工事士
・第二種電気工事士
第三種電気主任技術者

以上を持っています。

ちなみに、電気工事士を勉強する前の筆者の数学力は、「簡単な分数の足し算・引き算」ができる程度でした。

ですので、「分数の足し算・引き算を忘れた~」って方も十分合格できます。

ていうか筆者は「第三種電気主任技術者」までなんとか合格できました。

「第一種電気工事士にかかった勉強時間」は平日2~3時間、土日は休みの職場だったので休みは5時間程度を6ヶ月で、約500時間程度でした。

もちろん、勉強のやる気が出なくて勉強をしていない日もありました。

そして、約500時間というのは時間はあくまで目安で、人によって大きく変わりますので、半年前からは勉強されることをオススメします。

タマポポ
タマポポ

ちなみに「第三種電気主任技術者」を合格するのに要した時間は約1500時間くらいでした^^;

それくらい「第三種電気主任技術者」の試験勉強は別格に難しかったです。

「先に分数の足し算や引き算を勉強した方がいいの?」って教えた人に質問されたことがありましたが、答えは「NO」です。

理由は、数学の勉強をやりだすと、「どこまで出来るようになるまで勉強したらいいのか分らない」からです。

ですので、電気工事士の勉強をしていて分らない数学が出てきたら、その回答を出せるようになる数学だけを勉強すれば十分です。

タマポポ
タマポポ

You Tubeなどで、「分数の足し算」って検索すれば、わかりやすく解説してくれてる動画がありますので、数学の本は買わなくても大丈夫です。

筆者はYou Tubeしか見ていません。

それでは、ここまで何とか資格を取得できたタマポポが,実際行った勉強方法を紹介したいと思います。

これから電気工事士の資格勉強をされる方の何かの参考になれば幸いです。

ここでは第一種電気工事士の勉強方法について解説しますが、第二種電気工事の勉強方法についてもやり方は同じです。

タマポポ
タマポポ

それではいってみましょう!

メインの教科書は過去問で十分

始めに結論を言ってしまいますと「メインの教科書は過去問で十分」です。

なぜなら

重要!!

電気工事士の筆記試験は、過去問題の

・文章問題は一字一句違わぬ問題
・計算問題では数式の数字だけが変わっている。もしくは数字も一緒

こういう出題傾向の問題が半分程度出題されています。


つまり過去問を丸暗記さえすれば合格県内に入れます。

実はこの情報が一番重要です!

「知っている」と「知らない」では、「勉強方法」や「合格率」は全然違ってきます!

タマポポ
タマポポ

過去問を丸暗記する前に、基礎の教科書は4分の1程度はします。

筆者タマポポが実際使ったオススメ教科書

まず、タマポポが使ったメインの過去問題集は、電気書院の「第一種電気工事士 筆記試験模範解答集(11年間の問題・解答)」です。

Electrical-worker

筆者的にはオーム社の教科書は、詳しく書き過ぎていて理解を深めるのは適していると思いますが、試験合格するためだけの教科書としては、オーバースペックぎみの教科書で勉強に時間がかかり過ぎてしまいます。

ですので電気書院のこの本を断然おすすめします。

電気書院の教科書は、合格するのに最低限の事だけを分かりやすく解説しています。
ですので、この本を使うと勉強時間が大幅に削減でき、かつ合格レベルまでの知識が最短で身につきます。

今は表紙が大分変わったみたいです↓↓

勉強をする前に覚え欲しい事:計算問題はただの丸暗記科目です(重要)

studyi

勉強をする前に絶対覚えておいて欲しい事があります。

それは計算問題はただの丸暗記の科目だという事です。(重要)

読者様は勉強をする際、以下のような経験はありませんか?

タマポポ
タマポポ

計算が難しい」
「教科書の言葉が何の事を言っているのか分からない」
「数学が苦手」

筆者も始めはそうでした。

ですが「数学が・計算が」と思う前に、その計算式や計算方法も結局は全て丸暗記なのです。

例えば
皆さんは1+1=
という問題が出題されたら計算して答えを求めますでしょうか。

ほとんどの人は反射的に答えは「2」と答えると思います。
っていうか計算のしようが無いと思います。

これと一緒で

文章問題も、電気計算や数学も全て丸暗記なのです。

とはいっても、かなり考える問題もありますが、それはやった事のある問題を、記憶の中でひねり出す作業で考えてるだけなのです。

実際に初めて見る初見の問題は、みなさんは解けますでしょうか?

当然、初めてみる問題なので、解き方が分からす解ける訳がありません。

この様に

全ての問題は

  • 【知っているか・知らないか】
  • 【やった事が、あるか・無いか】

この2つで【解ける・解けない】が決まる!

と言っても過言ではありません。

(筆者はこの答えに辿り着くまで数年かかりました。)

ですので教科書の問題も、暗記問題だと思って、覚えていって下さい。

この事を忘れずに勉強をしていって下さい。

タマ
タマ

勉強につまずいたら、
この事を思い出して下さいね!
結構重要ですので(*^^)v

勉強方法1:電気工事士の勉強で、まず始めにすべき事

まず初めにすべき事は、過去問の丸暗記する前にサブの教科書である電気書院の「第一種電気工事士 筆記試験パーフェクトブック」この本で最低限の知識を、教科書を使って覚えます。

Electrical-worker

覚えると言っても筆者の持っている教科書は,2015年の教科書なので最新の教科書と違う所はあると思いますが,電気書院の「第一種電気工事士 筆記試験パーフェクトブック」。

この262ページある中の

P2「オームの法則」からP61までの「配電線の電力損失計算」までを覚えていきます。

(後のページは、過去問で意味を理解したい時に辞書として使います。

当然、完璧に覚える必要はなく捨て項目も作っていきながらひたすら覚えます。

やっていく内に、誰もが感じる事は、「始めは何となくしか分からなかったけど、数をやれば不思議と意味が分かってきた」と感じるはずです。

タマポポ
タマポポ

要は、分かってくる=反射的に問題が解ける

タマ
タマ

でも意味はわからなくてもいいですよ。

目的は計算が解ければいいだけです。

勉強方法2:後は過去問題をひたすら覚えるのみ!!

study

教科書をやり終えたら、または途中で嫌になったらいよいよ過去問をやります。

やると言っても
問題を見る

→そして答えを見て

→「やり方」を覚える

それでも分からなければYou Tubeでもネットでも調べる

→それでも分からなければ、その問題は「捨て問題」にする

この繰り返しです。

できるだけ難しく考えずにやっていきます。

問題を覚えるのが嫌で、中々勉強が進まないのは始めの3年分の問題だけです。

それを始めから分かっていれば、少しは気が楽になるはずです。

4・5年目の問題から少しずつ答えを見ずに実力で解けるようになってきます。

たまの息抜きに、分からない所を教科書を見て覚えていきます。

後はこれの繰り返しです。

筆者は1日2・3時間くらい、土日は5時間くらいの勉強で、大体3ヶ月位で、何となく解けるようになり
6ヶ月位で11年分を覚えました。

タマポポ
タマポポ

ちなみに、覚えたのは全体の7割り程度です。

3割は何をいっているのか全く分かりませんでしたので捨て問題にしました。

博士
博士

よくやってしまいがちなミスですが、全てを覚える必要はありません!!

ざっくり6・7割くらいできればいいんです。

これも攻略法の一つですので覚えておいて下さいね。

まとめ:第一・二種電気工事士の勉强方法は丸暗記で十分!

Note

いかがだったでしょうか。

勉強と言ってもほとんどが、漢字や英単語を覚えるのと要領は同じです。

そういう考え方で勉強をしてみて下さい。
(実際にそうですが)

かなり数学の苦手意識がなくなります。

一番重要なのは

  • 過去問を主体で行う事!
  • 問題を見て→答えを覚える!
  • そこで分からなくなったら教科書に戻って調べる事!
  • それでも分からなければYou Tubeでもネットでも調べる
  • それでも分からなければ、その問題は「捨て問題」にする

筆者タマポポは、この方法が最短の時間で合格できる一番の近道だと、皆さんにお伝えしかった事です。

勉強にかかる時間は人それぞれなので、他人の事は気にせず自分のペースで勉強を頑張って下さい。

この勉強方法で皆さんの勉強の少しの助けになれば幸いです。

タマポポ
タマポポ

説明は以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
電気工事士勉強法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
タップできる目次
閉じる