スタンディングデスクのおすすめ電動昇降式デスク3選|価格は安いが品質最強!

standing-desk-osusume

私はFLEXISPOT(フレキシスポット)様よりご提供頂いた機種「E8B Bamboo1407セット」(天板付き)を持っておりますが、価格が約80,000円します。

「E8B Bamboo1407セット」は最高のスタンディングデスク(電動昇降式)ですが、やはりスタンディングデスク(電動昇降式)のデメリットは価格が高いことです。

ですが、ここ最近価格が安く品質がいい機種がFLEXISPOTのサブブランドとして発売されました。

また、FLEXISPOTの脚だけを買う機種だと、かなり価格が安く抑えられるのでご紹介しいきますね。

本記事では、スタンディングデスク「電動昇降式」をできるだけ価格が安く、コスパが高い、まさに最強機種を3選に絞ってご紹介します。

タマポポ

それではいってみましょう!

タップできる目次
スポンサーリンク

はじめに電動昇降式デスクE8B Bamboo1407セットの価格と機能をご紹介

flexispot-standing-desk-E8-Bamboo

はじめに私が購入した上位機種のFLEXISPOTのスタンディングデスク(電動昇降式)E8B Bamboo1407セット価格と機能をご紹介します。

天板無しの機種と比較する場合も、E8B Bamboo1407セット(天板あり)の価格と比較しますのでご了承下さい。

理由は、ご紹介する機種がどのくらいコスパがいいのかを比較をするため、「E8B Bamboo1407セット」を基準にするためです。

タマポポ

比べるには基準がないと比較できませんからね。

仕様項目仕様詳細
メーカーFLEXISPOT
(フレキシスポット)
商品名電動昇降スタンディングデスク
E8 Bamboo(脚だけ)
価格約60,500円
パネルタイプタッチパネル
(好きな所に付けれます)
機能ロック機能
(触っても動作しない安全ロック)
機能障害物検知機能
(昇降中に物があると自動で検知・停止します)
耐荷重125kg
脚幅調整範囲110〜190cm
昇降範囲60〜125cm
天板の厚さ2cm
脚段階三段階(ピラミッド)
対応天板サイズ幅120~200cm
奥行60~80cm
厚み2cm以下
付属の竹天板サイズ120×60×2cm
140×70×2cm
動作音50db以下
(エアコンのモーターの1/3ほどの静かさ)

私が購入したFLEXISPOTのスタンディングデスク(電動昇降式)E8B Bamboo1407セットの仕様は上記の通りです。

タマポポ

それでは比較していきましょう。

W120×D60×H2cm

W140×D70×H2cm

はじめに:最小昇降高さが高いデスクを買うためには「フットレスト」が効果的

フットレストの写真
画像:Amazonより引用

身長が低い方はフットレストを敷けば、価格を抑えられる!

FlexiSpotの電動昇降デスクは、機能全部入りで価格を安く抑えようとすると、デスクの天板までの「昇降高さ」が高いデスクしか選択肢がありません。

ですが、フットレストなどのクッションを敷けば、椅子の高さを上げられ、身長の低い方でも価格を抑えて品質のいいデスクを買うことができます。

フットレストって、こういったことにも、すごく役立つので使わない手はないです!

タマポポ

フットレストは良いものを買うと、身体が楽になるのでオススメです。

ミーコ

意外と役に立つので、ぜひ覚えておきましょう。

FLEXISPOTのサブブランド「SANODESK」の「E150(天板セット)」

SANODESK-E150の写真
画像:Amazon

超おすすめのスタンディングデスク(電動昇降式)は、FLEXISPOT(フレキシスポット)のサブブランド「SANODESK(サノデスク)」の「E150」です。

この機種は天板付きのセット商品です。

サブブランド「SANODESK(サノデスク)」は通販限定専売ブランドです。
ブランドの名称は異なりますがFLEXISPOT(フレキシスポット)のメーカーが製造、販売をしている製品です。

タマポポ

ですので、FlexiSpotの商品をネットで買うのと同じなんです。

ミーコ

一流のメーカーだと安心感が違いますね。

特徴はFLEXISPOT(フレキシスポット)のスタンディングデスク(電動昇降式)の機能を兼ね備えて、価格は30,000円以下の約27,800円なんです!!

(触っても動作しない安全ロック機能は付いていません)

もはや電動昇降式デスクではないメーカーも、太刀打ちできなくなってくる価格ですね!

タマポポ

価格は安いけど、品質は文句無し「最強」です。

SANODESKの電動昇降デスク「E150」の特徴

・3万円以下でコスパ最強。

・FLEXISPOTの電動デスクの機能を兼ね備えてる。
(ロック機能を除く)

【機能】

  • 4つ高さを記憶できる「メモリー機能」
  • 昇降中に障害物があると停止する「障害物検知機能」
  • デスクの天板は、水や汚れにも強い「メラミン材質」
  • デスクの脚は自動車にも採用される「SPCC鋼材」
SANODESK-E150の写真
画像:Amazon

SANODESKの電動昇降デスク「E150」は、ヘッドホンフック、ケーブルトレイが付いているのでかなりお得です。

SANODESK-E150の写真
画像:Amazon

デスクサイズは以下の通りです。

SANODESK-E150の寸法図
画像:Amazon

私の購入した「E8B Bamboo1407セット」との比較表が以下になります。

スクロールできます
機能名 SANODESK E150E8B Bamboo1407セット
昇降範囲73-121cm60~125cm
タッチパネル押しボタン式
メモリー機能
ロック機能
(触っても動作しない安全ロック)
障害物検知機能
(昇降中に物にあたると自動で停止)
耐荷重50kg125kg
ヘッドホンフック
ケーブルトレイ
対応天板サイズ付属の天板のみを推奨
幅120
奥行60㎝
厚み1.6cm
幅120~200cm
奥行60~80cm
厚み2cm以下
動作音50db以下
エアコンのモーターの
1/3ほどの静かさ
50db以下
エアコンのモーターの
1/3ほどの静かさ
価格約27,800円約80,000円
AmazonAmazon
タマポポ

かなりコスパがいいことがお分かり頂けたでしょうか。

耐荷重が50kgと、あまり荷重がかけられないことに注意して下さい。

次に気になる点は、デスクを1番下に下げた高さが73cmと高いので、デスクの高さが合うかは絶対確認しましょう。

デスクの高さが高い場合、フットレストなどのクッションを敷いて、デメリットをカバーしましょう!

フットレストの写真
画像:Amazonより引用

↓↓おすすめのフットレストはこちら

「EJ2」:フットレストを敷いて高さをカバーすれば安く済む機種

EJ2(脚のみ):¥41,600

FlexiSpot電動昇降デスクの写真
画像:Amazon

次のおすすめは、「E8 Bamboo」と性能はほとんど変わらない脚だけの「EJ2」です。

天板を公式サイトかホームセンターで買って安く済ませれます。
そうすれば天板も含め55,000円以内に抑えることも可能です。

You Tubeでも、この方法で安く済ませている方が多かったので、参考までに記載しておきます。

タマポポ

好きな天板サイズにカスタマイズするものいいですよ🎵

デスクサイズは以下の通りです。

FlexiSpot-electric-lifting-desk-EJ2可動領域の写真
画像:FlexiSpotの公式サイトより引用

↓↓下記は私が購入した「E8 Bamboo(脚のみ)」「EJ2(脚のみ)」比較表です。

スクロールできます
機能名EJ2(脚のみ)E8B Bamboo1407セット
昇降範囲69~118cm60~125cm
タッチパネル
メモリー機能
パネル誤動作ロック機能
(触っても動作しない安全ロック)
障害物検知機能
(昇降中に物にあたると自動で停止)
耐荷重100k125kg
対応天板サイズ幅120~200cm
奥行60~80cm
厚み2cm以上
幅120~200cm
奥行60~80cm
厚み2cm以上
動作音公式サイトに記載なし50db以下
エアコンのモーターの
1/3ほどの静かさ
価格約41,600円約83,600円
AmazonAmazon

上の比較表を見てもらえれば分かりますが、私が使っている「E8」との大事な違いは、最小昇降時の「デスクの高さが「E8」が60cm(+天板の厚み)」なのに対して「EJ2」は69cm(+天板の厚み)です。

購入する場合は、椅子にしっかり足の裏が付いた状態で座って、デスクの高さが丁度いいか確認ましょう!

デスクを一番下に下げた高さが69cm(+天板の厚み)と高いので、身長が高い方にオススメです。

身長が低い方の場合は、フットレストなどのクッションを敷いて、デメリットをカバーしましょう!

フットレストの写真
画像:Amazonより引用
タマポポ

天板をホームセンターで買えば、だいたいのお店は欲しい寸法に切ってくれます。

EJ2(天板付き):¥53,900

FlexiSpot-electric-lifting-desk-EJ2
画像:Amazonより引用

Amazon販売の天板サイズは横幅120cm×奥行き60cm×厚み1.9cmのみです。

FlexiSpotの公式サイトでは、以下の3点のサイズがあります。

  • 横幅120cm×奥行き60cm×厚み2.5cm
  • 横幅140cm×奥行き70cm×厚み2.5cm
  • 横幅160cm×奥行き70cm×厚み2.5cm

なお、FlexiSpotの公式サイトでは、簡単に組み⽴てができる「EJ2 2.0」しか購入できなくなってます。
(価格はAmazonと同じです)

タマポポ

 好きなサイズが欲しい方は、天板無しの「EJ2(脚のみ)」を購入し、天板は別途購入するのがオススメです。

「E7」:値段は高いが万人にオススメできるイチオシ機種

E7(脚のみ):¥51,700

FlexiSpot-electric-lifting-desk-E7

昇降最小の高さが58cm(+天板の厚み)と低く「機能全部入り」なのは、FlexiSpotシリーズの中でも「E7」のみ!

5万円を少し超えるのですが、「E8 Bamboo」と性能はほとんど変わらない脚だけの「E7」です。

価格は脚だけで約51,700円ですが、筆者的に絶対オススメの機種です。

「E7」の最大の特徴は、昇降最小高さが58cm(+天板の厚み)とFlexiSpotシリーズの中で一番低くいことです。

幅広い身長の方に「椅子に正しく座った状態」で最適なデスクの高さにできるオススメの機種です。

他のメーカーを含め、数あるスタンディングデスク(電動昇降式)の中でも58cm(+天板の厚み)までデスクの高さを下げられるデスクは中々ありません。

デスクを一番下に下げた高さが70cmのデスクが結構多いです。

タマポポ

実際測ってもらえれば分かりますが、70cmは結構高さが高いです。

あくまでおおよその目安ですが、身長170cmで足があまり長くない方で「最適なデスクの高さがギリギリ」です。

スタンディングデスク(電動昇降式)を買ったけど、デスクの高さを一番下にしても「椅子に正しく座った状態」でもまだデスクの高さが高い・・・

フットレストを敷いて椅子で調節しなければならない状態が嫌な方は、58cm(+天板の厚み)まで下げられる「E7」はオススメのスタンディングデスクです。

デスクサイズは以下の通りです。

FlexiSpot-electric-lifting-desk-E7
画像:FlexiSpotの公式サイトより引用

↓↓下記は私が購入した「E8 Bamboo」「E7」比較表です。

スクロールできます
機能名E7(脚のみ)E8B Bamboo1407セット
昇降範囲58~123cm60~125cm
タッチパネル
パネル誤動作ロック機能
セフティー機能
(触っても動作しない安全ロック)
障害物検知機能
(昇降中に物にあたると自動で停止)
耐荷重125kg125kg
対応天板サイズ幅120~200cm
奥行60~80cm
厚み2cm以下
幅120~200cm
奥行60~80cm
厚み2cm以下
動作音公式サイトに
記載なし
ただしE8並に静か
50db以下
エアコンのモーターの
1/3ほどの静かさ
価格約51,700円約83,600円
AmazonAmazon

詳しくは下記にレビュー記事を載せておきますので、ぜひご覧ください。

E7(天板付き):¥68,200

FlexiSpot-electric-lifting-desk-E7

セットで買いたい方はE7(天板付き)がオススメです。

Amazon販売の天板サイズは横幅140cm×奥行き70cm×厚み2.5cmのみです。

FlexiSpotの公式サイトでは、以下の3点のサイズがあります。

  • 横幅120cm×奥行き60cm×厚み2.5cm
  • 横幅140cm×奥行き70cm×厚み2.5cm
  • 横幅160cm×奥行き70cm×厚み2.5cm
タマポポ

 好きなサイズが欲しい方は、天板無しの「E7」を購入し、天板は別途購入するのがオススメです。

デスクを軽く動かすようにしたい方は「キャスター」か「カグスベール」がおすすめ

FlexiSpot-electric-lifting-desk-caster

電動昇降デスクは結構重たいので、軽く動かすようにしたい方は「FlexiSpot公式のキャスター」を取り付けるか、家具などを動かしやすくする「カグスベール」を敷くのがオススメです。

ただし、動きやすくした分「自重の安定度が低下」するので、そこはご留意下さい。

↓↓デスクを動かしやすくしたい方には「カグスベール」を敷くと動かしやすくなります♬

↓↓もっと動かしやすくするには公式のキャスターを付けるのがベスト」♬

まとめ:価格を安く抑えたい場合は紹介した3つが最適解

standing-desk-osusume

それでは最後にまとめます。
オススメ機種3選は以下の通りです。

FLEXISPOTのサブブランド
「SANODESK」の「E150(天板付き)」:約\27,800

フットレストを敷いて高さをカバーすれば最強の「EJ2」

値段は高いが万人にオススメできるイチオシ機種「E7」

私が1番おすすめする機種は、FLEXISPOTのサブブランド「SANODESK」の「E150」です。

理由は天板も付いて私の買った機種とほぼ同機能で約27,800円なので、かなりお得です。

ただし、最小昇降時の高さが73cm(+天板の厚み)と高いので、自分に高さが合っているかは絶対確認してから購入しましょう。

フットレストなどのクッションを敷いて、デメリットをカバーしましょう!

フットレストの写真
画像:Amazonより引用

万人におすすめは、デスクを一番下に下げた高さが58cmの「E7(天板無し)」がオススメです。

タマポポ

解説は以上です。
「良きアイテム」に出会えますように!
最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^)v

1番のオススメ機種「E150」

万人におすすめ「E7(脚のみ)]

「E7]の天板付きはこちら

フットレストを敷いて高さをカバーすれば最強の「EJ2(脚のみ)]

フットレストを敷いて高さをカバーすれば最強の「EJ2(天板付き)」

↓↓デスクを動かしやすくしたい方には「カグスベール」を敷くと動かしやすくなります♬

↓↓もっと動かしやすくするには公式のキャスターを付けるのがベスト」♬

スポンサーリンク

standing-desk-osusume

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次